読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら女の節約・健康レシピ

節約と健康を目指したメモ

「奇跡は起こることがあることを臨床医なら皆知っている」

こちらの記事。

近藤先生ご開業 - 精神科医の本音日記

トップにあった記事から遡って読んでた。
ガン家系だから、へぇ~、なんて思いながら読んでたのだけど。

ちょっと、ビックリした。

プラセボでも何でも効果があれば、それでいい」って、まさに今日思ってたとこだから。

プラセボだって効果のある場合はあって、その効果はニセモノとは言い切れないと思う
って、医師って立場の人でも、思ってくれるんだなって。

確率的にレアであっても、奇跡は起こることがあることを臨床医なら皆知っている”って言葉に、勇気をもらった。

発病から、1年以上が経過。
今月の検査で、発病後に始めて全音域が正常圏内だった。

1ヶ月過ぎたら聴力は固定する、なんて信じなくてよかった、と今は思ってる。
自覚症状はまだあるし、聴力の波もあるし、聞こえづらいことも時々あるし
来月の検査時には、また聴力が落ちてるかもしれないけど。

1年以上経過した難聴が治ることを奇跡と呼ぶなら、奇跡は起きる、と信じてる。